1. 獲れたてピチピチ! 桜えび&しらす、旬を味わう産地ならではの海の幸
Original

獲れたてピチピチ! 桜えび&しらす、旬を味わう産地ならではの海の幸

静岡市内の漁港といえば清水港が有名だが、その東西にある小さな漁港で、実はここならではの名物が水揚げされている。由比港の桜えび、用宗港のしらす、鮮度抜群の味を産地で楽しもう。

由比(ゆい)港の桜えび

国内の桜えびの水揚げは、100%駿河湾産!

全国でも桜えびが水揚げされるのは駿河湾だけ! 漁業の営業許可を静岡県だけが認められており、許可証をもつ船は、由比・蒲原・大井川地区の合計で120隻のみ。そのうち84隻が由比港に所属するため、日本一の水揚げ高を誇る。小さい港ながら、その味覚を求め、たくさんの人が集まってくる。毎年5月3日には「桜えびまつり」が開催され、地元の多彩な味覚を楽しめたり、桜えび漁船の体験乗船も人気だ。

桜えびといえば、やっぱり「かき揚げ」

桜えびは希少な生物であるため、漁期は春と秋の年2回のみ。春漁は3月中旬~6月初旬、秋漁は10月下旬~12月下旬で、それ以外の時期は桜えび保護のために休漁となる。生の桜えびを味わうなら、漁期をねらって訪れよう。桜えびの旨みと甘みが凝縮された「かき揚げ」は通年楽しめるのが嬉しい。

用宗(もちむね)港のしらす

「三艘一組」で運ぶ絶品しらす

静岡市の西端に位置する用宗港は、良質なしらすの水揚げ港。三艘一組の船団となり、二艘引きで獲れたしらすの鮮度が落ちないよう、運搬専用の船が漁場と港を往復して運んでいる。独特なこの方法により、用宗では鮮度抜群のプリプリしらすが堪能できる。毎年4月の最終日曜日には「用宗漁港まつり」を開催。生しらすの即売や釜揚げしらすの試食、体験乗船なども楽しめる。

鮮度が命のしらすは、ぜひ生で!

新鮮そのものの生しらすが食べられるのは、漁港ならではの贅沢。水揚げされたばかりの透き通った生しらすは臭みや苦みもなく、一匹一匹の味が濃厚で、口の中でプチプチとはじけるおいしさ。新鮮なままサッと塩茹でする釜揚げも、しらすの旨みと甘みをしっかりと感じられる。

桜えび・しらすが味わえるお店はこちら

「浜のかきあげや」で、揚げたてサクサクをパクリッ!

ジューシーでサクサクの食感がたまらない!

由比港の一角にある漁協直営店。休日には県内外からのお客さんで賑わい、お昼時には行列ができるほど。揚げたてのかき揚げが2枚のった「桜えびのかきあげ丼」(750円)が名物で、香ばしい桜えびの旨みが口いっぱいに広がる。定番のかき揚げそばやうどんもあある。桜えびとしらすの釜揚げの両方が味わえる「由比どんぶり」(750円)も好評。


これぞ漁師の味! 港ならではの贅沢な丼「沖漬け丼」

漁船が停泊するのどかな風景を前に、港メシの気分も盛り上がる。元気なスタッフによるチームワーク抜群の接客も心地いい。生の桜えびを醤油で味付けした「沖漬け丼」(750円)も人気で、かき揚げ、味噌汁とセットなら1000円とお得。その他、桜えびと特製ダレで炊いた「桜えび炊き込みごはん」(400円)、桜えびを生地に練り込んだ「桜えびドーナツ」(250円)など、メニューはとことん桜えび尽くし。

■浜のかきあげや(はまのかきあげや)
住所:静岡市清水区由比今宿字浜1127
TEL:054-376-0001
スポットページ:http://shizuokapassport.jp/location/detail/626

「漁協直営どんぶりハウス」で獲れたての生しらすをどこよりも早く!

ご飯が隠れるほど生しらすがたっぷり! 「生しらす丼」(600円)

「生しらすを多くの人に食べてもらいたい」そんな思いから、しらすで有名な用宗の漁協が始めたお店。市場直送で鮮度抜群、ピチピチプリプリのしらすをリーズナブルに楽しめる。1月15日~3月下旬の禁漁期以外はぜひ生しらすを味わって。朝獲れたばかりのしらすは色ツヤも良く、一匹一匹の味が濃厚。


釜揚げしらすとまぐろの漬けをのせた「用宗丼B」(800円)

店舗は漁港の横にあり、青空の下、港を眺めながら食事ができる。営業は昼のみ。生しらすは漁に出た日限定だが、「釜揚げしらす丼」(500円)や「まぐろ漬け丼」(500円)も用意されている。併設の直売所では、獲れたての生しらすを始め、釜揚げ、ちりめん、たたみ干し、佃煮などのしらす商品が並ぶので、おみやげにどうぞ。

■漁協直営どんぶりハウス(ぎょきょうちょくえいどんぶりハウス)
住所:静岡市駿河区用宗2-18-1
TEL:054-256-6077
スポットページ:http://shizuokapassport.jp/location/detail/1675

「地酒 地魚 おおいし」でしらすと桜えびのコンビネーションを堪能!

生しらすの旨みをガス窯炊きのご飯が引き立てる

創業約50年、安くて良い魚を使った板前料理に常連客も多く、遠方から通う人も少なくない。用宗で揚がるしらすはもちろん、煮魚や焼き魚などのメニューも揃い、なかでも刺身は、この店で食べたら他の店では食べられない、という人もいるほど。「用宗丼」(1200円)は、生しらす、釜揚げしらす、生桜えびと用宗の魅力が詰まった一品。


ネタがなくなり次第終了なのでお早めに

用宗港のすぐ近くにあり、しらすのシーズンには店の外に行列ができるほど混み合う時も。生しらすと、その日に仕入れた魚を盛った鮮やかな「海鮮丼」(1800円)はランチタイムのみの提供。さまざまな旬魚を存分に味わえる。店内はカウンター席の他に座敷席もあり、予約で宴会も可能。駿河湾の恵みを、地酒とともに心ゆくまで堪能しよう。

■地酒 地魚 おおいし(じざけじざかなおおいし)
住所:静岡市駿河区用宗1-34-21
TEL:054-259-6557
スポットページ:http://shizuokapassport.jp/location/detail/1659