Original
Original
Original

Wi-Fiスポットを探す

記事一覧

日本で一番マグロが集まる港・清水港で海鮮丼三昧!

国内で消費されるマグロの半数が水揚げされる清水港。上質さや鮮度はもちろん、頭肉やホホ肉などの希少部位も出回る。「清水魚市場 河岸の市」では、マグロをはじめ、鮮度抜群の海鮮グルメが楽しめる。水上バスや路線バスの1日乗車券に加え、観光施設利用券や提携店での食事券が付いたお得なきっぷ「スイスイ♪清水港まぐろきっぷ」(http://www.dream-ferry.co.jp/shimizu-maguro/)もあるので、ぜひ活用して清水のベイエリアを満喫しよう。

静岡の人気キャラクターあつまれ~!

国民的人気アニメ「ちびまる子ちゃん」の舞台は旧・清水市(現・静岡市清水区)。また、静岡市は「ホビーのまち」として模型やプラモデルの生産が盛んで、世界唯一のガンプラ生産工場は静岡市葵区にある。そのほか、地域密着の個性的なキャラクターたちが静岡市にいるので、地元愛みなぎる彼らの姿を見かけたら、ぜひぜひ声をかけてね。

江戸時代へタイムスリップ! レトロな丸子&宇津ノ谷さんぽ

JR静岡駅から車で約20分。旧東海道が通り、今も江戸時代の名残を残す場所。鎌倉時代に開かれ、日本橋から20番目の宿場町として栄えた「丸子」、東海道屈指の難所であり、数々の文学作品にも描かれた「宇津ノ谷」。かつてこの道を通った人々に思いを馳せながら、歴史薫る小径を散策してみよう。

採れたてフレッシュ! 農園カフェで新鮮フルーツの美味しさを満喫

温暖な気候に恵まれた静岡市にはさまざまなフルーツ農家があり、その美味しさをダイレクトに伝える“農園カフェ”が人気。おなじみのいちごから、初めて出会うようなフルーツ「ジャボチカバ」まで、みずみずしくジューシーな味わいを堪能しよう。素材そのものが持つ自然の甘みや酸味、その美味しさに驚くはず。

「“おまち”の新・旧名所で静岡を堪能!」ルート

“おまち”とは、静岡市の中心市街地のこと。JR静岡駅から北に向かって地下道が続き、商店街、百貨店などが軒を連ねる、徒歩圏内に見どころが凝縮されたエリアだ。そんなおまちで、静岡に来たならぜひ立ち寄りたい名所をピックアップ。徳川家康ゆかりの場所から、絶景スポット、静岡おでんまで、「これぞ静岡!」を堪能してみよう。

街中で、郊外で。静岡市内で訪れてみたい、おすすめアートスポット

少し時間のあるときや日常と気分を変えてみたいときは、アート作品に触れてみるのもおすすめ。静岡駅直結の都市型美術館から、静かな住宅地にたたずむ美術館、街路に点在するオブジェまで。美術館では訪れる時期によって展示内容が変わるのも楽しみだ。街をめぐって、気ままにアート鑑賞してみよう。

富士山が目の前!絶景ハイキング&ミニ登山

静岡市のあちらこちらから見える富士山だが、もっと大スケールの景色を見てみたい、苦労してたどりついた先で絶景を堪能したいという人には、ハイキングやミニ登山がおすすめ。自分の足で歩いた先に見る富士山の姿は、感動も達成感もひとしお。駐車場近くのお手軽ハイキングから安倍奥の登山コースまで、静岡市内に隠れた富士見ポイントをご案内。

獲れたてピチピチ! 桜えび&しらす、旬を味わう産地ならではの海の幸

静岡市内の漁港といえば清水港が有名だが、その東西にある小さな漁港で、実はここならではの名物が水揚げされている。由比港の桜えび、用宗港のしらす、鮮度抜群の味を産地で楽しもう。

昼は駄菓子屋、夜は居酒屋で。ご当地グルメ「静岡おでん」の楽しみ方

静岡市のご当地グルメといえば「静岡おでん」。昼は駄菓子屋さんでおやつ代わりに、夜は横丁のおでん屋さんや居酒屋で酒の肴にと、季節を問わず親しまれている静岡市民のソウルフード。静岡おでんの特徴と楽しみ方をご案内。

「静岡街中で楽しめる!話題のラーメン店」3選

今や世界の“ラーメン”となった、国民食。静岡市内にも、続々新しいお店がオープンし、ラーメンファンならずとも目が離せない。トンコツ醤油、味噌、魚介系…など、様々なラーメン店の中から、話題のお店を3店ピックアップ。すべて、JR静岡駅または静岡鉄道新静岡駅から徒歩15分以内という、アクセスの便利さも嬉しい限り。

「地元人気の隠れた名物を楽しむ!オシャレエリア・鷹匠」3選

JR静岡駅から徒歩10分。おしゃれなアイテムやこだわりのフードが揃う、鷹匠(たかじょう)。
ゆっくり回っても2時間ほどの小さなエリアにセンスのいい個店が並び、地元の人にも人気の街。地名は、徳川家康公に仕えた鷹匠(鷹の飼育をする職)が住んでいたことに由来する。そんなエリアで日本の魅力を楽しめる3店をピックアップ。

「絶景!歴史と文化を堪能」コース

静岡市中心街と、三保松原や漁港がある清水区の、ちょうど中間点に位置する「日本平」。駿河湾を見下ろす標高307mの丘陵地で、富士山の眺望も素晴らしい。徳川家康公ゆかりの国宝「久能山東照宮」や、広大な駿河湾を眼下にのぞむ「日本平ロープウェイ」、圧巻の庭園が目の前に広がる「日本平ホテル」など、見どころはたくさん。

「これぞ静岡!お茶尽くしスイーツ!3選」

茶どころとして有名な静岡。青々とした茶畑が広がる風景は、県内各所で眺めることができる。近年では、製茶会社や茶問屋など、お茶の専門店がスイーツ店やカフェなどを手掛け、静岡のお茶をたっぷり使ったアイスやパフェなど、またひと味違ったスイーツの形でもお茶を楽しめる。街歩きの途中に、気軽に立ち寄れる3店をピックアップ。

ネタだけじゃない!老舗寿司店に聞く、静岡の鮨が旨いわけ

鮨を美味しくする条件はいくつかある。一番重要なのは鮨ネタだ。でもそれだけではない。ネタが良いのは当たり前。鮨にまつわる脇役に注目してみよう。そこに、静岡の鮨が美味しい理由が隠されているのだ。

「水上バスで行く!世界遺産&名物まぐろを堪能!」コース

JR静岡駅から電車で約12分、静岡市清水区にある清水港周辺は、三保半島にぐるりと囲まれた中に見どころ・名物がぎゅっと集まった、人気の観光エリア。世界文化遺産「富士山」、その構成資産として登録された「三保松原」をあわせて見ることのできるのはここだけ! 名物のまぐろをはじめ、新鮮な魚を楽しめる食事処も30店舗以上が集結する。

イベント情報

お知らせ